市原市交通事故治療ブログ

スタッフブログ

スタッフブログ

肘関節側副靱帯損傷|市原市

皆様こんにちは!
市原市交通事故治療・むちうち.comです。
4月も半ばとなりましたね。
春はやはり、雨や風の強い日が多いですよね。
風が強いと傘をさしていても、少し外を歩くだけで衣服が濡れてしまいます。
これからしばらくすると、梅雨の季節に入りますので
雨の季節はまだまだつづきそうですね、
つい憂鬱になってしまいそうですが、
最近では雨の日も快適に過ごせるグッズや場所が、沢山あります。
気分があがる、オシャレな傘やレインコートやレインブーツ。
カワイイデザインの除湿シート、
それから雨の日に聴きたいコンピレーションアルバム。
室内でもお子様連れで楽しめるスポットが沢山あります。
雨の季節も、楽しんで過ごしたいものですね。

さて、雨の季節にはお身体の不調症状も出やすい時でもあります。
また、交通事故によるケガの症状は治った後も
このような雨などの天候の悪い日などに
痛みやこわばりを感じてしまうという方もいらっしゃいます。
本日の市原市交通事故治療・むちうち.comでは
「肘関節側副靱帯損傷(ひじかんせつそくふくじんたいそんしょう)」
についてお話をさせていただきたいと思います。

この肘関節側副靱帯損傷(ひじかんせつそくふくじんたいそんしょう)は、
交通事故などによって肘に横から強い衝撃を受けることによって、
損傷してしまうことが多い症状です。
肘関節は、本来曲げ伸ばしする動作のみで
肘関節の外側、内側にそれぞれ側副靱帯という靱帯があることによって
横方向に曲がることはありませんが
事故などによって横方向からの衝撃を受けてしまうと
衝撃を受けた側とは反対の側副靱帯を損傷してしまいます。
もし、交通事故などの後に
腕を伸ばし、内側を固定しておきながら外側から力を加えることによって、
痛みが強くなったと感じるようであれば、
もしかしたら肘関節側副靱帯損傷の可能性があるのです。

この肘関節側副靱帯損傷(ひじかんせつそくふくじんたいそんしょう)の治療方法は、
もちろん患者様のご状態によってもそれぞれ異なりますが
基本的にはギプスやテーピングなどで固定をおこない、靱帯の回復を待ちます。
または電療法や、医療マッサージなどをおこなうことで
血行をうながすことよって、回復を早める効果を利用する治療もあります。

もし、交通事故後に肘になんらかの痛みを感じるようであれば、
早めに症状改善への一歩を踏み出すことが、大切なのです。

市原市交通事故治療・むちうち.com

市原市にある店舗のご案内
TOPへ戻る